R.3.4.19~21

先週、遂にFZR1000の嫁ぎ先が決まりました。

遠く離れた地へ嫁ぐことになりましたが、大変お若い方ですが最近のバイクには今一つ魅力を感じない

との事でした。

そうは言っても27年前のバイクです。車両についての説明と状態をご納得頂ける様、ご説明し購入して頂ける事と

なりました。

それに伴い、若干気になっていたTMRキャブのセッティングを煮詰めに行って来ました。三日間掛けて、アイドリング~低速、

低速~中間、中間~全開域までをじっくり煮詰めて観ました。

やはり、ノーマルキャブとは違いシビアでしたね。エアクリBOXは当然ついていませんが、パワーフィルターは付けあります。

高回転域は元々良かったのですが、アイドリング付近と中速域のトルク感、そこからスロットル全開への繋がりに若干の改善の

余地が有ったのでじっくりと時間を掛けて調整しました。停止状態と走行状態では結構違うので、走ってはガレージに戻って

調整と言う作業を繰り返し、ようやく満足のいくセッティングが出ました。

中間域でのドン付も見事に解消されて非常に扱い易く、またフレキシブルなエンジンになりました。特にスロットルを開ける時の

吸気音が以前より、大きくなり迫力も出ましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

R3.4.18ブログ

次の記事

R.3.4.24.ブログ